フラがうまくなる人とならない人の違い

フラダンス関連

どうしてフラが上手くならないの?

  • フラを始めたけれど、なかなか上手くならないと悩んでいませんか?
  • 実はそれ、間違った練習をしているかもしれません。
  • なぜなら、先生に「こうしてください」といちいち言われなくても、特別な練習をしなくても私は講師になっているからです。
  • ここではその練習の仕方を書いていきます。これはフラに限らず、他にも共通することなので意識した方がいいと思います。

特別すごい練習をするわけではない

もちろん練習自体はするのですが、ただやみくもにすればいいというわけではありません。筋トレもある程度は必要ですが、それが全てではありません。

私は10年で講師になりました。最初からなろうと思っていたわけではないので10年ですが、もっと早く決意していればもう少し早かったかなと思います。
「フラはセンスだ」とよく言われます。確かに半年で上達する人もいれば20年やっていても上手でない人もいます。一説には骨格の違いもある程度影響するという説もありますが、今日はそのお話しは置いといて。

ではどうしたら上達するのか

ここからは具体的なアドバイスを記載していきます。あくまでも私の方法ですので、全員に当てはまるとは限りませんが参考になればと思います。

曲をちゃんと聴いていますか?

そもそも振り付けを覚える前段階として、曲をきちんと聴く、覚えるという必要があります。ハワイ語ですから全てを暗記するのは難しいとしても、曲のフレーズ、流れ、そういったものをまず一通り頭に入れておきます。

できれば曲の意味も理解しましょう。日本の曲のように細かい歌詞はありません。言葉自体が少ない言語なので歌詞も短いです。よく意訳で意味が書かれていますね。そこで、「どういう場面なのか」「この言葉は何を意味するのか」想像を膨らませてみて下さい。

何も考えずに踊るのとは少し違ってくると思います。読み方はほとんどローマ字読みでいけるので覚えやすいのではないかと思います。ただし、本当のハワイ語の発音というものがあるので、本来はただローマ字読みすればいいというものではありませんが、練習段階ではまずは気にしなくても良いと思います。

先生の動きをよく見ていますか?

私は先生だけを凝視していました。他の生徒さんは見ません。よく気が散って他の生徒さんを気にする方がいますが、他の生徒さんを見ても上達はしません。先生の完コピを目指す気持ちで一挙手一投足ずっと見ます。
もちろん先生の完コピは現実的にはたぶんできないです。これは、ボイトレでも共通することで、ご本人の口パクをするんですよね。それで、息継ぎの位置、長さなどを学習します。
私は先生の動画を何度も何度も見て、自分の自撮りもして、違っているところは直していきました。

自己流を付け足さない

先生が一生懸命教えても、自分流にアレンジしてしまう方がいます。元々体操や他のダンスをやっていた方に見受けられますが、フラは「フラ」という世界です。エクササイズではありません。また、先生を良く見ずに自分で「こうかな?」と勝手に解釈してしまうこともあるでしょう。

そして、基本的にフラは群舞です。だから、自己流で覚えてしまうと、みんなで踊ったときに「一人だけ浮いている」ということになります。手の位置はここ、角度は何度、と言われたら素直にその通り練習しましょう。注意されてもめげてはいけません。あなたを嫌いで言っているのではないのです。

以上をまとめると、結局は素直に先生の言うことを聞くのが一番の早道でしょう。なんだーと思うかもしれませんが、意外とできないものなんです。

ただ、どのレベルを本人が目指しているかにもよります。また、先生自体がどこを目指しているかにも。初心者向けの教室で上級者になることはまず不可能です。まずは、初心者向けの教室でベーシックをマスターしたら次は中級者向け→上級者向けという風にレベルアップしていくと良いと思います。

上手くなるには自分より少し上手い人と一緒にいる。これは何に対しても同じです。あまりかけ離れた人だと劣等感が生まれますので、「少し」上の人といること。それがレベルアップする秘訣だと私は思います。

そして最後にもう一つ、「楽しむこと」

フラのレッスン中はフラに集中する。仕事やプライベートのイライラを持ち込まない。楽しんでレッスンをすると意外とスッキリするものです。

上手くなろうと思うのは良い事ですが、思うあまり楽しくなくなっては元も子もないですよね。笑顔で胸を開いて踊るとエネルギーが湧いてきますよ♪

楽しいと思う気持ちが、観る人をも引き付けるのです。



タイトルとURLをコピーしました