フラダンス講師になるには?スキルは?収入は?

フラダンス関連

上級者になれば独立したくなるのは自然なこと

別記事で「フラダンスの上達方法」を書きましたが、ある程度上級者になると「独立したい」と思う生徒さんもいます。収入、気になりますよね?

パート並みの月3万円ぐらいから年収1千万越えまで、やりようによって様々です。そんな方への参考にして頂ければ良いかと思います。

フラ講師になる3つの方法

主に3つのパターンがありますが、前提としてひとつ言えるのは踊りが上手い=教えるのが上手いではないということ。
もちろんフラも素敵で教えるのも上手な方も沢山いらっしゃいます。それなら何も問題はないのですが、「先生は凄く上手なのに生徒さんが一向に上達しない。」またその逆もあります。
踊るのと教えるのは違うのです。

フラのインストラクター(アラカイ)になる

これは本当の意味での独立ではありませんが、そのハラウによっては「インストラクタークラス」というクラスがあります。上級者さんの中で更にインストラクタークラスを受け、先生の代わりに(主に初級中級の)クラスのレッスンをします。教室に所属していますから、好きなようには教えられません。代表の先生の指示に従ってレッスンを進めます。

ただし、大抵の場合はインストラクタークラスを受けたからと言って全員がインストラクターになれるわけではありません。そこは、先に述べたように、先生がフラのスキルの他に「この生徒は人に教えられるか?生徒をまとめられるか。」をちゃんと見ています。

ですから、特別インストラクタークラスがないハラウさんでも「この人になら任せても大丈夫だわ。」と先生が思えば、クラスを任されることもあるでしょう。

アラカイっていうのは先生の代わりにレッスンしたり、先生をサポートしたり生徒さんの相談を聞いたり。だから信頼度が大切なの。

ただ、この場合はお給料的なものはあまり期待しない方が良いでしょう。「教える為の勉強をさせて頂いている。」という感覚です。

フラをもっと極める

これは教室をまず辞めてからクムフラ(いわゆる師匠、家元)に師事する方法です。フラというのは、どこまで極めるか?終わりのない世界です。本当にハワイの事を深く知り、伝統を重んじてフラを極めたいという方に向いています。

まず曲の振り付けを誰かに学ばなくてはいけません。前の教室で習った振り付けは許可なく自分が教えてはいけないのが慣例です。ですから、「曲を仕入れる」という言い方を良くしますが、クムなどから教わらないといけないのです。

それは勿論有料です。1曲だけなのか、ずっとそのクムに師事するのかによって金額はかなり違ってきます。

ハワイ在住のクムだと1曲の単価も数万円から100万ほどまで本当に幅広いので、自分はどの程度を目指すのかをきちんと考える必要があります。

ハワイに留学する

ハワイ大学ヒロ校にはフラを学べる学科もあります。そこでは、単にフラだけでなく、ハワイの歴史や様々なことを学ぶことができます。また、大学とは別に比較的短期でも可能なコミュニティカレッジもあります。

いずれにしても英語力が求められますし、学費や生活費など結構な額と覚悟が必要です。ですが、「ハワイできちんと学んできた。」と言えるのは強みでもありますし、現地の生の学習は貴女を大きく成長させてくれるのではないでしょうか。



そして帰国後教室を開く、というのが一般的な流れかと思います。ただ、ハワイ留学で本当のフラや歴史をしっかり学ぶと、「自分は教えていいものか・・・?」という感覚にもなるそうです。あまりにも深くて、自分がハワイの事を教えるなんて・・・ということでしょうか。

サークル活動のように小さく始める

この方法が一番多いのかなぁと思われます。自分で振り付けなどがある程度できる方は、特にクムにつかず、小さい教室から始めます。ただ、振り付けは曲の意味とハンドモーションを良く理解していないとなかなかできないので、本格的なフラをやるのは難しいでしょう。
「気楽に楽しくやりたい。」という方はこの方法もありですが、個人的には先生も誰かに見てもらわないとスキルを維持するまたは上達するのが難しくなる気がします。
生徒さんに教える知識とスキルを磨くためにも、時々ハワイのクムによるワークショップが行われていますので、常に情報をキャッチしておき参加することも必要なのではないかと思います。

フラダンス講師の収入は?

さて、フラの先生になり念願の自分の教室を開校できたとします。ではそれでどのくらいの収入になるのでしょうか?

カルチャースクールやスポーツクラブで教える

手軽に開校出来て募集もカルチャースクールさんでしてくれますから、取っ掛かりとしてはやりやすいと思います。しかし、大抵の場合、手数料が50%~60%と大きく、自分の手元にはあまり残りません。収入としてではなく宣伝の場と捉えると良いでしょう。

スポーツクラブによっては教える範囲に制限があったり、カリキュラムがあったりと自由に教えられない場合があります。それは、スポーツクラブが「スポーツの一環としてやっている」からです。

ですから、最初に条件を良く聞いておく必要があります。手数料はカルチャースクールとほぼ同じかと思います。

また、こういったところに来る生徒さんは初心者さんが多く、それほどフラに対する熱意があるわけではないので、先生との温度の違いも・・。

収入面では、よほど生徒の数を増やさないとこういったところではまとまった収入にはあまりなりません。カルチャースクールやスポーツクラブは月謝が安いので、月2,500円の月謝で半分手数料だとすると、1,750円×30人=52,500円となります。30人集まれば、です。


レンタルスタジオを借りる

この場合 スタジオ料金は広さや場所によりピンキリですが、特に何にも縛られず自由に教えることができます。経費を抑えるのならば公営のコミュニティーセンターのスタジオを借りるのも一つです。格安ですので予約競争があります。

※参考までに都内の民間のレンタルスタジオ「ノア」さんを掲載しておきます。

貸しスタジオ【ノアスタジオ】ダンス・バレエ・舞台・演劇・ミュージカル・アカペラ練習レンタル大型稽古場
ノアスタジオは演劇、ダンス、バレエ、ミュージカル、舞台、アカペラ等の様々な用途の練習・稽古場としてご利用いただける貸しスタジオです。稽古場をお探しの方、大人数での演劇、ダンス等のリハーサル、少人数でのダンス練習などを行いたい方に最適な貸し稽古場を提供致します。

地方だと民間のレンタルスタジオがそもそも無かったりもしますよ。

この場合は、月謝も自由に決められ、そこからスタジオ代等を引いたものが収入となります。マイスタジオを持つというのは、ある程度固定の生徒が集まり、家賃が払えるようになってからが良いでしょう。月謝は、地方平均4,000円~5,000円、都内など首都圏8,000円~10,000円というところでしょう。

まとめ

上記で述べたように、収入面で見るとフラの先生は、100人以上の生徒さんがいるなどよほど大きい教室にならないと実際はあまり儲かる職業ではありません。

生徒数が多くても、レッスン代からクムへのレッスン代、スタジオ代、衣装代(イベントなどに出る場合)等を差し引くとあまり残らないのです。ですから、他の仕事をしながら教えている先生もたくさんいます。

それでもフラが大好きな方は、収入だけではない違った意味でのやりがいや生きがいのようなものが感じられることも事実です。自分は生徒のままが合っているのか、指導者が合っているのかよく考えてみると良いと思います。
タイトルとURLをコピーしました