【2024最新】与論島の旅準備編

与論島の旅

さぁ!始まりました!【2024/4月の与論島の旅】。今日本で一番お気に入りの離島です。今回で連続3回目。毎年恒例の旅になりそうです。

過去のブログにも書きましたが、今年はもう少し詳しく書いていこうと思います!

スポンサーリンク

与論島ってどこ?

与論島は、鹿児島県の最南端の小さな島です。

位置的には、那覇空港から飛行機で30分ほどとほぼ沖縄のような位置にあります。

奄美大島だと直行便があるので行きやすいのですが、与論島は地図のように国内線を乗り継いで行きます。日数のあるかたはフェリーでのんびりもいいですね!

私は沖縄本島には行きましたが、宮古島や石垣島には行っていないので一概には言えませんが、島は本当に美しくて、ゆっくりしていています。

離島で行きにくいということもあり、あまり家族連れでごった返すということがないので一人旅やリピーターが多い印象です。

私も初めは一人旅でした。でも、同じような一人旅の人が結構いて全然寂しくはありませんでしたよ。

あまりの与論島の居心地の良さにリピーターとなった私の2024年版旅行記です。離島と海が好きなあなたの参考にしてください♪

与論島のホテルはどこがいい?

与論島のホテルと言えば『プリシアリゾートヨロン』一択です!あ、私はですが。写真滑走路の左手に見えますね。

いわゆる大型リゾートホテルではなく、2階建てのコテージがたくさん並んでいます。実際の部屋についてはこれから追記していきます。

写真は昨年のブログから

プリシアリゾートに宿泊するなら朝食付きプランを激しくおススメします!とにかく美味しいです!材料も新鮮でちゃんと手間をかけています。

今年も朝食付きプランで予約。二人で行くので、二人で2泊3日の料金42,000円。一人一泊朝食付きで1万ちょっとです。※時期による。

プリシアリゾートは意外と有名なのでさっさと予約しないと部屋がなくなります。気持ちは3泊したいのですが、仕事の関係で今年は2泊になりました。

与論島へのフライト予約

国内なのに乗り継ぎます。初めて行った時はなんとも不思議な感覚でした。

飛行機で行くには、羽田空港または成田空港からだと

  • 鹿児島経由
  • 奄美大島経由
  • 那覇経由

があります。これを調べるのが大変で!(笑)できるだけ安く楽に行きたいわけです!

上記のルートを(春夏料金が出るのが大体2月頃なので)1月下旬からチェックを初めます。

そこで大事なのが、与論島への便が一日一便とかなのでそれに合わせて乗り継げる便かつ格安で探さないといけない(笑)往復4便なので真剣です!

なんだかんだでやはり那覇経由が羽田からの便が多いのですが、その乗り継ぎに合う便が、スカイマーク、ソラシドエアは出遅れ、時すでに遅し。。

一人ならば適当に安い便を選んでテキトーに行くのですが(笑)今回は初めて国内線に乗る友人も一緒のためなるべく便利にとフライトを組みました。

ピーチは与論島への乗り継ぎに合わないので✖で、ANAはお値段が少し高くて✖結果全部JALに落ち着きました。ピーチは奄美大島便も運休予定など減便計画が発表されていますね・・!

  • 羽田 8:15  → 那覇 11:05 13,150円
  • 那覇 13:15 → 与論 13:55 11,135円
  • 与論 14:25 → 那覇 15:00 11,135円
  • 那覇 17:55 → 羽田 20:15 13,672円

フライト二人分合計98,184円。なんだか近場の海外に行けそうな額です。

この他に羽田空港までの交通費、現地滞在費等を考えたら国内旅行とは思えない金額になるのですが(笑)そこまでしても行きたいと思う島なのです。

JALマイレージ会員にようやくなる

コロナ前まではハワイにばかり行っていて、しかもオフシーズンに格安で行っていたため、『私はJAL』とかそういう考えは全然なかったです。

ある時はデルタ、ある時はANA、ある時はチャイナエアラインとバラバラでした。でもそれが飛行機大好きな私には楽しかったのです。ハワイ便の「全部の航空会社制覇しようかな」とも少し思っていましたし(笑)

しかし今回は4便全てJAL、しかも与論旅は毎年恒例となりそうな予感。であれば「もうマイル貯めたほうがいいよね!」ということになりました。

さてここまでは準備編の途中です。進展があったらまた追記します♪

与論島の旅
スポンサーリンク
フォローしてね
Mplanning
タイトルとURLをコピーしました